toggle
2018-03-19

カウンセリング・ウォーキング

年度末、確定申告の締切やウォーキングツアーの視察や準備、打ち合わせなど頭の中はヨガとウォーキングツアーのことばかり。休みと仕事のボーダーはここずっとなくなっている。アクセルを踏まなくちゃいけない時だけどゆるめることも大事だよなぁ~と思うこのごろ。

そんな中、ひっさしぶりに腹心の友と宮戸の山に入りました。

腹心の友とは13年前、一緒に歩き始めたママ友。これまでの御朱走(ゴシュラン=ウォーキング&ジョギングツアー)の近況報告を兼ねながらカウンセリングウォーキングをしました。

(MAKOTOさんの起業家交流会の話の流れから)

「ゆみちゃん、こないだの服装、あれダメだよ。あそこには男性と女性、どっちが多くいる訳!?」

「男性だよ。」

「あの服装さぁ~就活じゃん!シンプルでこざっぱりとして女性からはウケるよ。ゆみちゃんってパンツスーツも履けるし、同性から見ればカッコいいんだけどあそこには男性が多かったんでしょ!男性にはヒラヒラしたの着ないとダメだよ!女性起業家でしょ!」

「えっ、女性起業家、、、あたしそんな感じじゃないよ。あたし苦手なんだよ、ヒラヒラっていうものは。」

この会話で気づきました。あぁーーー私はずいぶん固まってるなぁ~と。確かに就職活動みたいなスーツで華やかさはありませんでした。言い訳になりますが営業職をしていた頃のなごりなのでしょう。そして起業家と言われることに照れがあったんです。彼女のいうようにあの場にはあえて華やかに行けばよかったと・・・

「いつもゆみちゃんは時代の最先端を行ってたから傷だらけになって大変だったと思う。けどようやく時代がゆみちゃんに追いついてきた!良かったね!」(私は大爆笑、なんてうまく人を笑わせてくれるんだろう。)

久しぶりにあってもぜんぜん隔たりなく言いたいことを言って笑って話せる友。お互いに大切な部分があってそこを軸に生活しているからいい関係でいられるんだろうなぁ~と思います。

サークル活動をはじめて苦しい時期に寄り添ってもらったことが今でも忘れられないいい思い出になっています。夫も彼女のことは「ずっと大切にしろよー」と話してくれます。

「ゆみちゃんはいろんな人たちと付き合いながらも自分を見失うことなく必ず自分に戻るよね、それって凄いっていつも思うよ。」

わぁ~すごーくほめてもらって元気になった。

さぁーヨガサークルとウォーキングツアーの両輪をバランス良くまわせるようしっかりと土台を築いていくために心と身体と時間を大切に過ごしたいと思います。

画像は先週末に視察で訪れた京都の伏見稲荷大社さま。卒業旅行のJKと一緒に撮ってもらったものです。素直で可愛らしいお嬢さんたちでした。

いたるところに外国人。ここは日本!?と思うくらいの境内でした。

狐の神様に上からジーっとみられているような気分になりました。

クールな狐の神様です😊

フェイスブック
https://www.facebook.com/yumiko.suzuki.shanti
 ゴシュランマツシマ・フェイスブック

https://www.facebook.com/goshurun/

ゴシュランインスタグラム

ジョグノート(ランニングSNS)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です