toggle
2019-04-01

2019年・37th.野外イベント報告

今年の野外チャリティがスタートしました。37回目は友人のコスプレランナー・キャサリンさんをお迎えしてコスプレランニングをしました。スタート地点は松島の観光スポット双観山です。キャサリンさんは走りながら自撮りも慣れているので撮影も任せっぱなしでほんとに助かりました。

賛同者(私を含む)ワンコイン寄付を6名ということで¥3000の賛同金をプールすることができました。今期の野外イベント終了時にあしなが育英会さんに全額送金します。

では当日の様子をアップします。

スタートの双観山で撮影。手前キャサリンさん+賛同人5名。それぞれ好きなキャラクターやテーマを持ってコスプレしています。

最初に立ち寄ったのが双観山のふもとにある昔の船着場。とても雰囲気のある場所です。

船着場から見る松島湾。島々を指をさしながら説明してるけどわからない島がほとんどです。松島湾には大小約260の島があるそうです。

松島湾沿いにはいたるところに島や浦や崎の名前など丁寧に表記されており、歩くのにとても楽しい工夫がされています。

扇浜につくと海で遊び終わった素敵な方との出会いがありました。

その素敵な方のボードをお借りして記念に撮影。扇浜から見る朝日はとても綺麗です。

翌日のマラソン大会で履く、靴の試し履きで参加したいという賛同者と扇谷で合流。賛同人は6名になりました。安全祈願の脚円陣を再度組み直しここからスタートです。

扇谷は松島四大観の1つで昔は瑞巌寺の座禅堂もあった場所です。霊場松島を代表する場所でもあります。

扇谷から見る松島湾。この下に先ほど立ち寄った扇浜があって向こうには浦戸諸島が見えます。

達磨堂です。禅宗の始祖こと達磨大師さんの石像があります。禅宗は座禅を組み身体を使って悟りを目指すところから私は松島にはヨガが似合うと思っているんです。だって瑞巌寺も臨済宗で禅宗ですから。

松島の森をハイキング。この辺りは熊やイノシシ、鹿なども出ます。

動物には注意が必要ですが、動物たちのおかげで山も生きているそうです。毎度、入山時には「入らせてもらいます。よろしくお願いします。」という気持ちを心に留めています。私は怖がりなので低い山にしか入れません。もう一ついえば海の見える山でないと入山できません。

途中、小高いところに山と書かれた石が・・・ここはなんという山なのかスマホで調べましたがわかりませんでした。

下山し利府の馬の背へ。ここは何度来ても見晴らしも良く開放感が味わえる場所です。

馬の背の先端にて。本日走った距離は7キロになっていたそうです。初心者さんがいるイベント時は初心者の方に合わせますので安心してご参加ください。

走り終えて地元の食堂でランチ。手前が女子チームで奥が男子チーム。この時キャサリンさんはオジサンに戻ってました。

次回の野外イベントですが

38th.は4/13(土)『桜のもとで朝ヨガと瞑想』AM9:10~9:50 松島町西行戻しの松公園内、カフェ・ロマンさんの建物の前の広場になります。こちらもワンコイン¥500で参加することができます。詳細はこちらをご覧ください⇒http://shanti-matsushima.com/2019/03/20/2019%e5%b9%b4%f0%9f%8c%b8%e9%87%8e%e5%a4%96%e3%83%a8%e3%82%ac%e3%81%ae%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b/

小学生以下のお子さんはフリー(無料)なのでお子さん連れでのご参加も可能です。

ヨガがはじめての方も身体の硬い方も男性も大歓迎。朝、太陽に向かってご挨拶するような気持ちで「太陽礼拝」を行います。太陽礼拝とは呼吸と連動しながらヨガのポーズ12ポーズを順番にそって行います。ヨガ版のラジオ体操ってイメージしてもらうといいと思います。

瞑想は姿勢を整えて吸う息と吐く息だけに意識を向けておこないます。途中、いろんなことが頭に浮かんだらまた吸う息と吐く息に意識を戻します。

桜の時期に太陽礼拝と瞑想、とても気持ちよく行うことができると思います。

リピーターの方もはじめての方も一緒にヨガを楽しみましょう。

よろしくお願いいたします。

ヨガサークルシャンティ松島 鈴木由美子

鈴木由美子フェイスブック

https://www.facebook.com/yumiko.suzuki.shanti

ヨガサークルシャンティフェイスブック

https://www.facebook.com/shanti.matsushima/

御朱走松島ホームページ

http://goshurun.com/

御朱走松島フェイスブック

https://www.facebook.com/goshurun/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です